Information

2021.09.03

Indeed

Indeedのより良い使い方で効率的に人材を獲得しよう

Indeedはサービスをより良い形で活用できれば、効率よく人材を獲得できるチャンスがあります。効率の良い使い方を知るために、Indeedがどのような特徴のあるサイトか理解するところから始めましょう。特徴を活用することで、良い人材を獲得するチャンスが広がります。
 

Indeedと通常の求人サイトの違い

 
Indeedと通常の求人サイトの違い
Indeedは、通常の求人サイトと変わらないサービスだと考えていませんか。そのように考えているなら、Indeedのサービスをより良い形で使いこなせていない可能性があります。そもそもIndeedとは、求人サイトというよりも検索エンジンに近いサイトです。検索窓に任意のキーワードを入力することで、キーワードに合致された求人のWebページが検索結果として表示されるように製作されています。実際に検索する際には、キーワードと勤務地という2つの検索窓から条件を絞っていくことが可能です。

そして検索エンジンのような形で利用できるIndeedは、掲載求人数が多いというメリットがあります。特に求人を検索している側は、多くの情報の中から自分に合った求人を見つけられるチャンスが増えます。しかし求人を掲載して人材を採用したい企業側は、情報量が多いことで自社の求人情報が埋もれてしまうかもしれません。良い人材を確保したいなら、情報が埋もれないためのIndeedの使い方を押さえておくことが大切です。
 

有料掲載で目立つ場所に表示させよう

 
有料掲載で目立つ場所に表示させよう

Indeedで求人を探す人から注目されやすくするためには、スポンサー求人枠とオーガニック求人枠の違いを知ることが大切です。オーガニック求人枠とは無料掲載のことで、一定の条件を満たす求人情報を掲載しているWebページがあれば、自動的に掲載されます。申し込みなど特別な手続きは必要ありません。少しでもIndeedのサイトで求人情報を目立たせたいなら、スポンサー求人枠を活用することが大切です。スポンサー求人枠は、広告費を支払うことで目立つスポンサー枠に表示してもらえる有料掲載のことを指します。

Indeedにおけるスポンサー求人は、クリックされることで課金される成功報酬型の広告となっています。固定料金で広告料を支払うのではなく、1クリックに対していくら支払うというように決めて使う制度です。クリックされた分に見合った料金を支払うことになるので、広告料が無駄になることもありません。
 

アクセスされやすい文章を作る

 
アクセスされやすい文章を作る

Indeedの有料掲載で目立つ位置に表示されても、募集する人材が少ないということもあるでしょう。そのような場合には、求人募集の内容に問題があるかもしれません。良い人材を効率よく確保するためには、どのような求人情報を掲載するかが大きなポイントです。実際の例文などを参考にしながら、少しでも良い人材を確保するためのポイントを押さえていきましょう。

良い人材を確保するためのポイントの1つが、求人情報を充実させることです。仕事内容や求める人材、勤務時間などが明確に記載してあるだけで、興味を持って応募する方が増える可能性があります。また仕事内容の際に、「一般事務」とだけ書いてしまう企業もあります。ですが「一般事務」だけだと働くイメージができず、求人の応募を避ける方もいます。仕事内容の例文なら「書類作成・データ入力作業」や「お客様への施設内の説明」など具体的な業務内容を書くことで、働くイメージを持ってもらいやすくなります。Indeedに掲載されるチャンスを増やすだけではなく、募集内容を充実させることも忘れないようにしましょう。
 

良い人材を獲得しよう

 
Indeedを利用して良い人材を獲得するためには、有料掲載を利用して求人を探している方が見つけやすい位置に求人広告を掲載してもらうのも1つの手です。また目立つ位置に表示してもらうのに加えて、求人情報を充実させることが大切です。例えば仕事内容を具体的に書くだけでも、サイトにアクセスした方が興味を持つ可能性が高くなります。興味を持ってもらう回数を増やして、良い人材の確保につなげましょう3

お気軽にお問い合わせください

CONTACT
お問い合わせ