Information

2021.06.18

人材紹介

人材紹介会社の利用にかかる手数料とトータルコスト

人材紹介会社は理想の人材を獲得するのに有効な手段として活用されています。ただ、求人情報サイトに求人広告を出すのに比べるとコストが高いのではないかと不安になる場合もあるでしょう。人材紹介会社は利用料がかかることが知られていますが、他にもコストがかかるのでしょうか。この記事では人材紹介会社の手数料の仕組みとトータルコストを解説します。

 

人材紹介会社の手数料の仕組み

 
人材紹介会社の手数料の仕組み

人材紹介会社を利用する際に支払う手数料はどの程度なのでしょうか。その仕組みも正しく理解するために人材紹介会社の提供しているサービスの概要から順を追って解説します。

 

人材紹介会社が提供しているサービス

人材紹介会社は人材の採用を検討している企業に適材を紹介するサービスを提供しています。特定の業務を担当する適任者を探したい、若手で意欲のある人材を獲得したいなどといった要望をヒアリングし、適切な人材を選定して紹介してくれます。そして、面接の日程を組み、選考結果の通知などの人材採用に関連する業務を一通り代行してくれるのが特徴です。

 

人材紹介会社の利用にかかる手数料の仕組み

人材紹介会社の利用にかかる手数料は成果報酬型が一般的です。紹介を受ける人数に比例して費用を負担するのではなく、入社が決まった時点で報酬を支払う仕組みになっています。そのため、同じ条件で10人採用するときには、1人だけ採用するのに比べると10倍のコストがかかります。しかし、もし人材紹介会社が適材を紹介できず、誰も採用できなかったら報酬の支払いはありません。費用を払うときには必ず人材の獲得を達成していることになります。

 

人材紹介会社の手数料の相場

人材紹介会社に支払う手数料は一般的に成果報酬だけです。その報酬額の相場は採用した人材に提示した年収の30%〜35%程度となっています。手数料30%のサービスを利用して年収600万円の人材を採用したなら180万円を人材紹介会社に支払う必要がありますが、300万円の年収だったら90万円で済みます。

 

人材紹介会社のトータルコスト

 
人材紹介会社のトータルコスト

人材紹介会社に支払う手数料は優秀な人材を雇うときや大人数の採用を考えているときにはかなり高くなります。しかし、人材採用にかかるコストは他にもあるので注意が必要です。トータルコストで考えてみると意外にコストがかからず、メリットの大きい人材採用の方法だとわかるでしょう。求人サイトに求人広告を出す場合と比較してどちらが良いのかを考えてみましょう。

一般的に人材採用にかかるコストは多岐にわたっています。求人広告の作成費用、求人サイトなどを利用するための広告掲載料、人材が応募してきたときに人事担当者が対応する業務コスト、選考にかかる業務コストが代表的です。ただ、人材紹介会社を利用すると求人広告の作成、応募者との連絡や調整、書類選考は代行してもらえます。人材紹介会社によって厳選された人材が紹介されるので、面接に対応する回数も少なくて済むのが一般的です。求人掲載料もかからないので、トータルコストで見ると求人サイトに広告を出すよりも安くて済む場合もあります。

ただ、一つの求人広告を出して何人も同時に採用する場合には人材紹介会社を使うと手数料がかさみます。逆に求人広告を出す方法は、広告掲載料や選考にかかる業務コストも圧縮できるので、トータルコストがあまりかからずに済むのが一般的です。そのため、人材採用の方針に合わせて選ぶとコストを最小限に抑えられます。

 

人材紹介会社は採用時にだけコストがかかる

 
人材紹介会社の手数料は成果報酬型になっているのが一般的で、相場は採用した人材の年収の30%〜35%です。人材紹介会社を利用すると求人広告掲載料の負担がなく、人材を採用したときにだけ支払いが必要になるのが特徴です。採用したい人材の市場価値の高さや集めたい人数によってコストパフォーマンスに違いがあるのに留意して、人材の探し方を検討しましょう。

お気軽にお問い合わせください

CONTACT
お問い合わせ