Information

2021.07.30

採用ノウハウ

企業が求人のためのSNSアカウントを運用する際の注意点

ネットで求人広告を出すなら、企業ホームページの他に求人情報サイトも定番となっています。ただ、SNSも非常に注目を集めており、特にTwitterのアカウントを運用している企業は非常に多くあります。それだけ強みも多く、実際に良い人材を獲得できることが理由として考えられます。そこでこの記事では、企業が求人のためにSNSアカウントを上手に運用していく方法を解説していきます。

 

求人のためのSNSアカウントを上手に運用するには

 
求人のためのSNSアカウントを上手に運用するには

現在ではSNSを利用している企業は多数あります。たとえばTwitterには個人から団体・企業まで幅広いアカウントが存在しており、それぞれが気軽に交流することが可能です。企業が使うアカウントでは、通常何らかの商品・サービスの販促に使うことをイメージする人が多いと思いますが、実際には企業の経営方針や、チェーン店であれば出店情報など幅広く情報を提供できます。そしてそれは求人も同じで、SNS特有の情報の早さと拡散力を利用し、欲しい人材を集めることに利用する企業が増えているのです。

Twitterはリツイート機能などSNS内で転載する機能があるので、ツイート(つぶやき)のインパクトがあればあるほど、拡散スピードも非常に早くなります。Twitter以外のサイトに転載されることもあるので、企業アカウントにおいては、重要な情報は転載禁止の旨をあらかじめアカウントのプロフィール部分に書いておくといいでしょう。

まずSNSで求人する際は、企業のメインアカウントを使っても良いのですが、求人(採用)専用アカウントを作るのも効果的です。理由はアカウント単位でターゲットを絞ったほうが、効率的な人材獲得に繋がりやすいからです。確かにより多くの人を対象にアカウントを運営したほうが、多くの就職(転職)希望者がやって来るように思えます。しかし、最初から双方のニーズがマッチしているほうが、採用も進めやすいです。普段からしっかりターゲット設定をし、絞っておけば発信する情報もフォロワー側にとって身の多いものとなるでしょう。

 

人気のSNS Twitter運用で注意すべき点

 
人気のSNS Twitter運用で注意すべき点

特にTwitterは基本的にツイートすることがメインのSNSです。求人のために運用するなら、最初の内は積極的にフォロワー集めのためにツイートしていくと良いでしょう。企業であれば、まったく有名ではない個人がゼロから始めるよりも、フォロワー数が伸びるスピードは早いでしょう。しかしあまりに少ないフォロワー数では、求人情報を出しても中々反応してくれる人は少ない状態が続くはずです。

しばらくはアカウントを成長させる時間が続きますが、反応が少ないからと言ってツイート数を極端に増やすのはおすすめできません。(1日50件や100件など)ある人(企業)のツイートが、他の人のツイートを埋めてしまうと、邪魔に感じてフォロー解除してしまう人が出てくる恐れがあります。基本的に多くの企業アカウントはツイートの運用において投稿数をきちんと意識しています。邪魔に思われては好感を持たれませんし、企業はイメージが大切ですから、その点は個人アカウントよりも意識されている傾向が強いです。

TwitterなどSNSは全公開された場所なので、さまざまな種類のデリケートな情報については扱いに注意する必要があります。それこそ転載禁止など気を付けないといけない面もあります。SNS全盛の時代ですが、基本的にメインではなくサブとして運用する考えも大切になるでしょう。ネットでの求人ならば、基本は企業ホームページ(採用ページ)、そして求人情報サイトを軸にするのが定番です。もともと求人に興味があってアクセスしてくれる人ばかりですし、連絡や面接の調整など機能が揃っています。

 

求人情報サイトとSNS双方を活用するのがベスト

 

今はSNSが非常に流行っているので、さまざまな戦略にSNSを利用する企業は増えています。Twitterなどに求人広告を出すなら、今回説明してきた注意点などを踏まえて、効率的に運用していくことが大切です。せっかく無料で活用できるプラットフォームですから、活用しない手はないでしょう。求人情報サイトとともに、戦略的に人材獲得を目指していきましょう。

お気軽にお問い合わせください

CONTACT
お問い合わせ