Information

2021.08.13

新卒採用

Indeedなどの求人媒体を使って新卒採用を行う際のコストはどれぐらい?

新卒採用を行う場合には用いる手法に悩むものでしょう。求人サイトなどのWeb媒体を用いたり、就活イベントを活用したりするなど、採用活動には様々な手法が提供されています。どのような手法を用いるにしても、少ないコストで多くの反響を得たいと考えるのが普通なものでしょう。ここでは、新卒採用を検討する企業の担当者に向けて、採用活動に用いられる手法と投じられるコストについて紹介していきます。
 

新卒採用を行う際に用いられる手法

 

企業が新卒採用を進める上では、費用や目的を明確にした上で採用手法を選んでいく必要があります。新卒採用を検討する企業に用いられることが多い手法には、求人サイトを使った採用活動があります。Indeedのように利用者が多いサイトでは、短期間で相当数のユーザーを集めることも可能です。他の採用手法に比べると、短い期間で求める結果を導くことが可能となっています。

地方で営む企業などでは、紙媒体を使ったり、就活イベントを活用したりして人材を雇用するケースも少なくはありません。地域に根ざした活動を続ける紙媒体に広告を掲載したり、地元で開催されるイベント会場にブースを出したりしての採用活動を行っています。地元に根ざした集客方法で人を雇用する際には、求める人材が来訪して来ない可能性もあります。将来を担う人材を求めるのであれば、幅広く人材を雇用することが可能なWeb媒体を使った方が良いでしょう。

 

Indeedと大手求人媒体の掲載コストの違いは?

 

Indeedと大手求人媒体の掲載コストの違いは?

採用活動に求人サイトを用いるにあたっても、どの媒体を活用すれば良いかが見えない方は多いものです。企業が採用活動に使うWeb媒体には、大きく分けて2種類のものが存在しています。Indeedに代表されるクリック数に応じた課金方法を採用している媒体と、大手求人サイトのように、広告枠単位で費用を計上している媒体です。

大手求人サイトの場合には、メディアが持つ知名度もあり、一定数の反響を期待することは可能となっています。コスト的に余裕のある場合には、知名度のある大手サイトを使った採用活動を検討するのも良いでしょう。Indeedに代表されるクリック課金型広告の場合には、自社の広告が露出された回数に応じたコストが生じていきます。少ない費用で採用活動を進めたい企業には適している手法とも言えるでしょう。

新卒採用に投じられるコストと期間に応じて、両者の中から相応しい手法を選んでいくことが大切です。大手サイトへの掲載は、短期間で多くの反響を見込むことが可能ではありますが、採用コストが割高になる傾向も見られます。クリック課金型広告であっても、自社が求めるユーザーに訴求できるコンテンツを作ることが出来れば、少ない費用で求める人材を採用することは可能です。コストを抑えて優秀な人材の雇用を考えるのであれば、クリック課金型広告の活用を検討するのも良いでしょう。

 

Indeedで効率良く人材を集めるためには魅力ある広告作りが大切

 
Indeedで効率良く人材を集めるためには魅力ある広告作りが大切

Indeedのようなクリック型課金広告の場合、自社広告がクリックされない限りはコストが発生することはありません。余分なコストが掛からない反面、ユーザーに魅力を感じさせる広告を制作出来ない場合には、思うような採用活動を行なえない可能性もあります。クリック型課金広告を使って採用活動を進める際には、ユーザーに魅力を感じさせられる広告作りを心がけましょう。地域に根ざした媒体を使う採用手法とは違い、求人サイトの場合には全国のユーザーに対して募集を掛ける形となります。多くの競合企業の中から、自社の広告に興味を抱いてもらうためには、キーワードやデザイン面を含めた形での広告作りを行う必要があります。自社が投じられる予算や期間を明確にしてから、コンテンツ作りを交えた形での採用プランを構築することが大切です。

 

Indeedを活用した採用活動にはコンテンツ作りが重要

 
新卒採用を進める上では、幅広い層からの応募を集うことが大切です。紙媒体や就活イベントなど、地域に根ざした媒体を使うよりも、求人サイトのように、全国から応募者を集められる手法を活用した方が良いでしょう。求人サイトには、知名度のある大手媒体とIndeedのようにクリック型課金を用いる媒体があります。魅力あるコンテンツを制作すれば、Indeedであっても多くのユーザーを集めることは可能です。

お気軽にお問い合わせください

CONTACT
お問い合わせ