Information

2021.05.28

Indeed

Indeedなどへ求人情報を掲載する際には業種別に異なる獲得単価に注意

求人を行う際には、紙媒体を用いるか、求人サイトなどのWeb媒体を利用するかで悩むものでしょう。人材を募集するにあたって、フリーペーパーや新聞の折込チラシからの反響を期待する企業も、未だに少なくはありません。求人サイトを活用することにより、紙媒体とは違う、幅広い求職者層からの応募を受け付けることが可能となります。ここでは、求人サイトを活用する際の流れと、掲載料金について紹介していきます。

 

求人情報サイトを活用することで得られる効果と紙媒体広告との違い

 

 

採用活動を進める際に、Indeedを始めとする求人情報サイトを活用する企業は少なくありません。求人に特化した検索エンジンとして知られるIndeedのような、採用活動を専門に扱うサイトは、世間一般に広く認知されているからです。自社で求人サイトを立ち上げるよりも、仕事探しを進めている方を集めることが容易となるのです。Indeedのような大手求人情報サイトの場合には、月間を通じて来訪するユーザーも相当な数となっています。業務上で必要となる人材を採用するためには、可能な限り多くの応募者の方から選んでいった方が良いのも実状でしょう。幅広い年代や地域の方から、相応しい人材を選べるのが、求人情報サイトを使うことにより得られる効能なのです。

 

地方で営業する事業者などは、未だに紙媒体を使った求人を行うところも少なくありません。地元に密着した、フリーペーパーや折込チラシを使っての採用活動を行うことも珍しくは無いのです。紙媒体を使った採用活動は、求職者が限定される部分があります。募集を行うエリアや、対象読者層が特定される部分があり、求める人材を雇用出来ないことも有り得るのです。紙媒体の場合には、求職者に閲覧してもらえる期間が短い可能性もあります。週間で発行されるフリーペーパーや、日刊で掲載される折込広告などでは、タイミング良く求職者とマッチング出来ないことも珍しくはありません。Indeedのような求人情報サイトを使った方が、長きに亘って幅広い層からの応募を受け付けることが出来るのです。

 

多くの求職者を集められる広告制作方法

 

 

Indeedなどの求人情報サイトを使った採用活動を進めるにあたっても、どのような広告を掲載するべきかがイメージ出来ない方も少なくはありません。求人情報サイトの多くでは、広告の掲載を行う際に、専任の担当者を付けてくれます。多様な募集広告の制作を行って来た、経験豊富な担当者であれば、自社の強みを上手に伝えられる文面や図柄を提案することも難しくはありません。自社で検討しながら、求人広告のイメージを制作していくよりも、スピーディに求人広告を制作出来るのです。求める人物像や想定される求人数、応募者層に応じた、適切な広告イメージを、時間を掛けることなく制作していけるのです。広告に記載される文面一つを取っても、プロが書いた方が良いのも実状です。自社のイメージを損なう事無く、幅広い方からの求人を期待するのであれば、経験豊かな担当者に代行してもらった方が良いのです。

 

求人情報サイトに掲載する際に掛かる費用と現在の人材採用方法

 

 

Indeedに代表される求人情報サイトでは、業種別に掲載料金が変わることも少なくありません。求める人材が、集めやすいタイプである場合には少ない掲載料金となり、専門性が高い方を求める際には、掲載費用も比例して高額となる可能性があります。業種以外に、競合の数によっても掲載費用異なります。求職者を求める会社が多い業界では、掲載費用も高くなる傾向があります。採用活動を進めるにあたっては、自社が投じることが出来る予算を見極め、適切な料金での広告掲載を進めていくことが大切です。

 

求人活動を進める場合には、現状に即したスタイルで行うことも大切です。コロナ渦が浸透するに従い、多くの企業で感染症対策を意識した採用活動が進んでいます。面接の際にマスクを着用したり、リモートでの面接を行ったりなど、現状に相応しい採用活動を行うことを心がけましょう。

 

求人サイトを使った人材募集方法

 

求人サイトを使うことで、広い層からの応募を受け付けることが可能となります。広告を制作する際には、経験豊富な担当者の助言を仰ぐことも大切です。募集広告を掲載する際には、業種や競合数によって料金が異なることもあります。予算の範囲で十分な反響を得られる広告掲載を実施することを心がけましょう。求人広告には、面接時のマスク着用など、コロナ渦特有の注意を記すことも大切です。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

CONTACT
お問い合わせ