Information

2021.05.21

採用ノウハウ

効果的な求人情報の書き方。応募者を集める方法は?

地方では昔ながらの紙媒体による求人がまだまだ多いですが、それでは若く優秀な人材を採用することが難しくなっています。というのも、求職者側はIndeedなどオンライン上の求人情報サイトを利用することが多いため、紙媒体だけに頼っていては求人情報を読んでもらうことすらできないのです。求人情報サイトを効果的に利用するには、どういったことに気をつければ良いのでしょうか。

 

オンライン求人情報サービスはなぜ効果を生むのか

 

 

求人が出せる媒体には、大きく分けて「Web」「紙媒体」「マスメディア」があります。Webは求人情報サイトやホームページ、紙媒体は昔ながらのフリーペーパーや張り紙、マスメディアはテレビCMやラジオ広告などを指し、それぞれに特徴やメリットデメリットが存在します。この中で近年最も効果的だと言われているのがWeb媒体による求人活動です。これは求職者側が非常に効率的に募集を探すことができるからで、大手求人サイトなどでは、10万件を超える求人の中から自分の条件に合うところを一気に探すことができます。Webを利用して仕事を探す人は年々堅実に増え続けているため、求人を出す側もWebの利用を考えるところが増えてきているのです。

 

どの情報サイトを利用すべきか考える

 

 

より効果的な採用活動を行うためには、まずどの求人情報サイトに広告を出すか考えることが大切です。どこでも同じと考えがちですが、求人情報サイトはそれぞれ得意としている業種や職種、雇用形態や地域などが異なります。つまり、最初に重要になるのは「どんな人を採用したいか」を考えることです。採用ターゲットがはっきりすれば、自ずと広告を出す情報サイトも絞れてくるでしょう。

 

求人募集では、応募者の心に響く広告文章を書かなければなりません。魅力的な求人広告を打つためにも、採用ターゲットを明確にすることが役立ちます。例えば短時間勤務で働いてもらいたいなら、「子育てや家事の合間に短い時間だけ働きたい」と思っている人を想定し、その人に説明するような文章を考えればいいのです。ターゲット像が具体的であればあるだけ、仕事内容やメリットをはっきり書き示すことができるでしょう。

 

求人情報サイトを利用する際、避けて通れないのが利用料金です。Web求人媒体の料金には「成果報酬型」と「掲載課金型」の二種類があります。成果報酬型とは、掲載自体は無料で、応募、あるいは採用となった段階になると課金が生じる料金形態です。成果が出るまでコストがかからない点は魅力ですが、集客力が弱いため長期化しがちな点はデメリットです。また、成果が多く出るとコストがかさむ点も注意が必要です。

 

掲載課金型とは、一定期間求人情報を掲載してもらい、その掲載に対してお金を払う料金形態で、最も一般的なシステムです。応募や採用が多くなってもかかるお金は変わらないので、予算の管理もしやすくなります。新規店舗のオープンスタッフ募集など、複数名大量採用したいときは、コストが最小にできることが多いです。ただし、採用できなかった場合も同等のコストが生じるという点は覚えておきましょう。

 

変化した現代の求人方法

 

 

新型コロナの影響で、人材採用方法も大きな変化を求められるようになりました。感染症対策をしっかり行うことは、「社員や周囲の人達に配慮できる」というアピールにもなります。求職者が安心して応募できるよう、企業側も気を遣わなければなりません。オンライン採用が広がる中で大切なのは、いかに企業のことを知ってもらうか、いかにコミュニケーションを取るかということです。実際の会社説明会や見学を行わずとも企業の魅力を知ってもらえるような動画を作るなど、コンテンツ作りに力を入れる会社が増えてきています。また、オンライン面接を行うときは、距離を感じさせない工夫を行うことが大切です。事前に面接担当がオンライン通話に慣れておき、相槌や表情、姿勢に気を配るようにしましょう。

 

求人ターゲットを明確にしよう

 

近年はWebを通して就職活動をする人が増えているため、企業側もWebに求人広告を打つことで効果的に募集をかけることができます。ただし漠然と行うだけでは効果が薄くなってしまうため、来て欲しい人物像を明確にした上で広告を打つ求人サイトを決定することが大切になります。ターゲットが明確になれば、取るべき行動も自ずと決まって来るはずです。

 

 

お気軽にお問い合わせください

CONTACT
お問い合わせ