Information

2021.05.14

Indeed

求人ではIndeedなどの情報サイトを活用するのが効果的

現代の求人は、Indeedを始めとした求人情報サイトを活用するという方法があります。そして効果的に使用できると、従来の紙媒体よりも高い効果が期待できます。そのためより多くの応募を求めるのであれば、積極的に利用した方が良いです。ではそんな求人情報サイトの特徴や具体的なメリット、効果を最大限に発揮させるためのポイントなどを確認していきましょう。

 

求人情報サイト利用で期待できる効果

 

 

Indeedを始めとする求人情報サイトは、手軽に求人にアクセスできるのが大きな強みす。求人はまず、企業が人材を求めているということを広く知ってもらわなければ何も始まりません。紙媒体の求人広告では、駅前やコンビニなど置ける場所が限られます。その分応募をしてくる候補者を、自然と絞り込んでしまうことになります。その点求人情報サイトは、現代では多くの人がスマートフォンやパソコンを所有していることから、多くの方に閲覧されることが期待できます。したがって知名度を高めるという点で、求人情報サイトは高い効果を発揮してくれるでしょう。

 

また紙媒体だと、人通りの多いところに設置されていることが多く、人目を気にして手に取らなければなりません。それに対して求人情報サイトは、プライベートな場所で手軽に求人を閲覧できるという点も強みとなります。さらにIndeedでは、求人ページからそのまま応募手続きができますので、求人を見つけやすいだけではなく、申し込みも容易であるため、求職者が実際に応募まで進む可能性も高くなるでしょう。

 

応募数を高めるための求人情報の書き方

 

 

Indeedを始めとする求人情報サイトは、ただ情報を掲載するだけではいけません。求人を閲覧した人が応募したくなるような、工夫を施した書き方をする必要があります。まずは具体的にどのような仕事をするのかを、はっきりと書きましょう。具体的なイメージが把握できないため、求人ページが閉じられてしまうというのはよくあるパターンです。そのためなるべく抽象的な書き方と、専門的な用語の使用を避けることが望ましいです。そして複数の仕事を任せたい場合は、その全てを掲載した方が良いです。その方が実際に働くイメージを作りやすいからです。可能であれば、実際に働いている写真を掲載することも効果的です。

 

求職者が求人ページで確認したい情報は非常に多く、可能であればその全てを掲載した方が良いです。労働条件や業務内容といった最低限の情報だけではなく、実際にどのような人が働いているのか、従業員に求めている要素は何かなどを細かく記載しましょう。そういった情報が、本気で申し込みを考えている求職者の応募に繋がります。また掲載する情報量が多くなると、他の求人との差別化もしやすくなるでしょう。

 

情報サイトの有料プランの料金システム

 

 

求人情報サイトには有料枠が用意されている場合が多く、Indeedも例外ではありません。基本は無料ですが、スポンサー広告として費用をかけることで、より多くの求職者の目に触れる機会を増やすこともできます。有料プランでどのような料金システムを採用しているのかは情報サイトによって異なり、Indeedだとクリック数に応じて料金が加算される形になっています。クリックをするのは表示された求人内容に興味のある人がほとんどなので、無駄な出費になりにくいです。

 

求人情報サイトを最大限に活用

 

ITが一般的に浸透した現代では、大勢の人がインターネット上から多くの情報を得ています。そしてその中には求人情報も含まれます。そのため求人情報サイトを活用することは、有能な人材確保に繋がるでしょう。その効果を最大限に発揮させるために、求人の書き方もしっかり考えて、数多くの応募が来るように工夫しましょう。

 

 

 

お気軽にお問い合わせください

CONTACT
お問い合わせ